プロを育成する仕組み

マイク

就職が可能か

将来なりたい仕事があるなら、なれるように努力すべきでしょう。高校を卒業するぐらいになると、少しずつ何がしたいかが見えてきます。アニメやゲームに興味を持っている人なら、声優の仕事に憧れるかもしれません。その時には養成をするための専門学校に進むことを検討してみましょう。誰でもなれるわけではなく、一定のトレーニングを積み、さらにオーディションなどに合格する必要があります。プロとして働くには、いろいろな壁を乗り越える必要があります。まず大事なのが声優のための専門学校選びになります。都市部に多く集中していて、その中から選ぶ必要があります。まずはプロの声優を育成するためのカリキュラムがある専門学校かどうかをチェックしましょう。大事なのはボイストレーニングです。多くの人は自分の声を出して話をします。声優は、役になり切ったり場面に合わせて声を作った上で安定してその声を出す必要があります。声のコントロールができないといけません。そのカリキュラムがある専門学校を選びましょう。厳しいトレーニングに耐えて無事声のコントロールができるようになっても、どうやったら仕事に結びつくのかわからないといけません。通常はプロダクションに所属をしますが、そのためのオーディションがあります。それに合格をすると採用してもらえます。専門学校の中にはプロダクションとのパイプを持っているところがあり、オーディションが受けやすくなっているところがあります。オーディションが受けやすければ、その分声優になれる可能性も高まります。

Copyright© 2018 ゲームクリエイターになる為には【持っていると有利に働く資格】 All Rights Reserved.